バスルームの水漏れは発見が遅れやすい

疲れを落とし、清潔な生活を続けるためには、バスルームの存在が重要です。リラックスして心身ともに健全になるためにも大切ですが、水漏れが起きたときには、できるだけ早く修理しなければいけません。

■蛇口やシャワーからも水は漏れる

バスルームの水漏れは、いくつかのパターンがあります。キッチンなどと同様に蛇口が取り付けられていますが、やはり、そこから水漏れするケースが目立ちます。蛇口にはパッキンがあり、使い続けることで劣化します。キッチンほどの使用頻度はないため、長持ちはしますが、時間とともに劣化することからは避けられません。
バスルームでの大きな違いは、蛇口がシャワーにつながっているところにあります。長いホースに繋がっているため、漏れていることに気付きにくいこともあります。使っている間はもちろんですが、そのあとからでもわずかな漏れがあっても分かりにくく、被害が大きくなる可能性もあります。

■気がつきにくい浴槽から水漏れ

また、浴槽からの水漏れもあります。浴槽にはゴム栓が取り付けられていますが、漏れていることに気がつかないケースもあります。お湯を貯めてわずかずつ漏れていると、使わない水を消費することになります。その分の水道代がかかるので、早めの交換や修理が必要です。見つけにくい場所ですが、一定の量の水を浴槽に貯めておき、時間をあけて確認すれば判別することができます。
浴槽事態にヒビが入る可能性もゼロではありません。何らかの力が加わりヒビが入ることもあります。補修材が販売されているため、当該箇所に使って修理することで、ある程度のヒビには対応できます。しかし、根本的に解決できるものではないため、ひどい状況の場合は交換工事を考えるべきです。

■まとめ
バスルームでは、水に濡れているのが当たり前という意識が働くこともあって、発見がどうしても遅れます。発見が遅れれば、その分だけ被害が拡大するため、いろいろと確認できる方法を試してみるとともに、定期的に点検を受けるのも効果的です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ