水道管が凍結して水漏れにつながる例

水漏れは日常的に起こるトラブルのひとつですが、ライフラインとして、そう簡単に壊れないよう作られています。しかしどんなに考えて作られたものでも、想定を超えることが出てくる場合があります。凍結して破損するというのも、想定していても起こりうるトラブルです。これは思っているよりも大きな被害を出すため注意が必要です。

■凍結して破損したところからの水漏れ

水は0度より温度が下がれば凍結する危険性があります。凍結すると、必ず体積が膨張するのが水がもつ特性です。体積が膨張すると、水道管の中から押し出す力がかかります。管の内部で力が逃げられるうちは耐えられますが、外側へ押し出す力が管の限界を超えたときには必然的に破損し、水漏れの原因となります。水道管は一度破損すれば、元に戻ることはありません。氷が解けた瞬間から水漏れが発生し、止まることはありません。



■凍結したら無理に溶かしたりしない

破損した水道管は、交換しなければ水漏れを止めることができません。工事会社に依頼して交換するほか、他の部分でも問題がないのか点検も必要です。
凍結した状態はとても危険ですから、勝手な判断でお湯をかけたりしてはいけません。急激に温めれば、さらに破損する場合もあります。水道管は、圧力がかかって押し流されているため、わずかでも水道をひねっておけば凍らせずに済むため、寒冷地では良くおこなわれています。あまりに気温が下がり水道管が凍結して水が出なくなった場合には、自然に解凍できる状況をまちましょう。


■まとめ
水道管は、断熱材などをまいて凍結しないよう考えられています。しかしこの状況を超える場合もあるため、凍結した場合には十分に注意しなければいけません。冬場を含め、急激に気温が下がる場合には、少しでも対策を取っておくと水漏れの問題を回避できるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ