トイレで起きる水漏れ

毎日使うトイレは、使えないとなると非常に困ってしまいます。水漏れのトラブルが起きるとことを想定して対策をしておけば、修理も簡単に済む可能性があります。想定せずに突然のことで焦ったりしないよう、普段からどんなことが問題になるのか考えておくとよいでしょう。

■ちょろちょろと漏れる水漏れ

トイレでの水漏れでよく起きるのは、ちょろちょろと便器に流れ込んでいくケースです。この水漏れは、わずかに漏れているため、気がつかないこともあります。まったく使っていない水が漏れているのですから、無駄使いに他なりません。タンクから漏れてくるのですが、漏れた分だけ水道から補給されるため、永遠に流れ続けます。その分の水道代も請求されるため、経済的にも大きな損失を被ります。わずかでも流れ出ている状況に気がついたときには、早急に修理が必要です。どこから何が原因で漏れているのか確認しましょう。



■タンクの弁を交換する

タンクから水漏れしてきているケースは、いくつかの原因が考えられます。タンクの底にある弁が壊れて密閉できない状況は、よくあるケースです。閉めているのにもかかわらず、わずかなすき間ができてしまった状態で、ほんの少しずつ水が流れ出していきます。パッキンの劣化と似ていますが、一度でも隙間ができれば止まることはありません。交換するしか方法がありませんが、自分でも直せる範囲でしょう。
部品もホームセンターで手に入ります。特別な工具が必要な部分ではないため、比較的容易に修理できる場所です。


■まとめ
わずかな水漏れも、いろいろなパターンがあり、あふれだしてドレーンから流れているケースもあります。どんな状況でも、水道代がかかり続ける現実に違いはありません。内容がわからないときや、どうしても直せないときには、できるだけ早く専門業者に点検してもらうのが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ