浄水器からも起きる水漏れ

水道水を快適に使うために浄水器を取り付けている家庭が増えています。安心して使える水は、なによりも大切です。水漏れが起きやすい場所でもありますが、自分で直せるものもあるため、原因の確認が必要です。

■蛇口に取り付けるタイプ

浄水器は、水道の蛇口に取り付けるタイプと、据え置きして水を供給させるタイプがあります。手軽に使える蛇口に取り付けるタイプで起きるのは、蛇口との取り合い部分になるでしょう。圧力がかかる浄水器は、隙間ができれば水漏れしてきます。特にろ過材の後ろでは高い圧力がかかるため、漏れる可能性がありますが、交換すればスムーズに流れるため、比較的修理しやすい部分です。老朽化している可能性も少なくないため、一定期間または所定水量が過ぎた頃には、交換が必要になります。本体から漏れだしているときには、ろ過機の交換だけではなく、本体ごと交換した方が良いでしょう。

■据え置き型の浄水器の水漏れ

据え置き型の浄水器の場合には、簡単に解決できないことがあります。水漏れする箇所はいくつかありますが、ホースの接続口から漏れてきている場合には、固定がうまくいっていない可能性も考えられます。耐圧ホースを取り付けており、圧力には耐えられたとしても、接続部分が緩めば水漏れします。
据え置き型の場合にもろ過機が取り付けられており、1年に1度は交換するのが一般的です。数年も交換していないと、やはり目詰まりを起こして流れにくくなり、圧力がかかって水漏れするケースが出てきます。本体から漏れているケースでは、割れている場合もあるため、業者に点検してもらう必要があるでしょう。

■まとめ
浄水器は生活の中で当たり前に使われるようになりました。消耗品も含んでいるため、定期的に交換してメンテナンスをすることで水漏れを防げます。定期的に目視でも確認もしておけば、大きなトラブルにならずに済む場所です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ